アルビオン化粧品の由来

アルビオン(Albion)は、グレートブリテン、またはイングランドの古名、雅名。ラテン語で「白い国」(羅 Albus)を意味する。その由来は、ドーヴァー海峡の断崖の白さを示す。転じてイギリス人を指すことも多い。このイギリス人を非難するために、「不実なアルビオン」と言う言葉も生まれた。

ギリシャ神話では、海神ポセイドンと正妻アンフィトルテの間に生まれた巨人とされ、英雄ヘラクレスが西に向かう際に、道を塞ごうとしたアルビオンを倒したと言われる。

イギリスの詩人ウィリアム・ブレイクの叙事詩「ミルトン」では、アルビオン(世界)が誕生する前の宇宙には世界の卵と、それを中心に混ざり合う四つの宇宙があり、それぞれを北の宇宙「アーソナ(Urthona)」、南の宇宙「ユリゼン(Urizen)」、東の宇宙「ルヴァ(Luvah)」、西の宇宙「サーマス(Thermas)」とした。

その他にもアルビオンは、白亜やアルビノの語源とされている。

アルビオン化粧品はにきびができたときや日焼けしたなというときは必ずこれでパック。
次の日、にきびは確実に小さくなるし、日焼けのほてりも収まります。

アルビオン化粧品はただ、私の顎にできるにきびにはまったく効き目がなし・・・。これはホルモンバランスの崩れやストレスだそうなので、化粧品では直りにくいんでしょうね・・・。
あとやはりあまり保湿力がないので、この後は念入りにに乳液又はクリームをつけないとほっぺがカピカピしてしまいます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。